« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011-02-26

「A.D.S.R.」もいつもにプラスなラインナップです

ご好評頂いております「EFFECTOR & QBRICK トランクショー」。
いよいよ終了間近となってまいりました!

B110208fair

実際にフレームをお手にとって頂けるのも明日まで・・・
人気のあるモデルやカラーは既に旅立ってしまったものもありますが、
色違いや別モデルなどでも、デザインやサイズ、カラーをお確かめ頂けます。

後日にお取り寄せも可能ですので、気になられた方は是非お試しにお越し下さいね。


さて、本日は「 QBRICK キューブリック 」の兄弟ブランド、
A.D.S.R. エー・ディー・エス・アール 」のフェアー参加モデルをご紹介致します。


B110226adsr1

サイズもたっぷりめののウェリントンタイプ。
画像ではちょっと分かりづらいかもしれませんが、フレームカラーはネイビーです。
クラシックなデザインも、セル生地の色次第で今風でキャッチーな雰囲気に。

B110226adsr2

サイドの太めテンプルには、マットと艶の質感を違えた2色使い。
斜めに横切るラインのデザインはシンプルですが、程良いアクセントになっています。


B110226adsr3_2

こちらは、同ブランドでは一番レンズシェイプの大きいモデル。
モノトーンの生地を反転させたコントラストがクール!
濃い目のカラーレンズを入れれば、往年のサングラスを彷彿とさせます。


B110226adsr4

クラシックテイストのレンズシェイプですが、全体的にエッジを効かせたフレームラインで、穏やかと言うよりはむしろちょっと強めの印象に。
サングラスにしても、普通のメガネでも楽しめますね。


本日ご紹介した「 A.D.S.R. 」フレーム以外のモデルもご覧いただけるのは、27日(日)までですよ~皆様のご来店、お待ちしております♪


■A.D.S.R. ENO ATKINS CURTICE


|

2011-02-21

「QBRICK キューブリック」は、こんなメガネ達が来ています

昨日から、当店ボストンにて開催中の「EFFECTOR & QBRICK トランクショー」。
初日よりたくさんのお客様にご来店頂き、ありがとうございます!

27日(日)まで、インパクトのある両ブランドのメガネ達が、まだまだたくさんご覧いただけますよ~是非ご来店下さいね!


さて、本日は「QBRICK キューブリック」のフェアー参加コレクションを、ほんの一部ですがご紹介します。


B110221qbrick1

こちらは今季のニューモデル。フロントの両サイドからテンプルまで、えぐるように施されたカッティングが、しなやかで力強い印象です。不透明でポップなカラーバリエーションは、キューブリックらしく存在感がありますね。


B110221qbrick2_2

手前のATY01シリーズは、「ザ・QBRICK!」的な初期モデルですが、新色追加やマイナーチェンジを繰り返し、いまだ人気を博すモデル。画像フレームは、イタリアMazzucchelli社のセル生地を使ったタイプ。複雑に入り組んだ色合いがとても綺麗です。

奥のモデルは、横顔が覆い尽くされるほど、テンプルが超・極太!
キューブリックの中でも一番のボリューム感を誇ります。かなりインパクト大です。


B110221qbrick3_2

こちらは、レンズの上下幅が広く、ちょっとレトロサングラス風な雰囲気もあるモデル。
ベーシックなブラックカラーに、片方のテンプル内側のみ別カラーになっています。
外側から見ると単色ブラックですが、たたんだ時のチラリ見せカラー。遊び心ですね~


B110221qbrick4

手前モデルは、フロント施された段削りによって、セル生地の色に微妙な濃淡が。
デザインもシンプルで、ベーシックな普段使いにもオススメな一本です。

奥のモデルは、ブロータイプのメガネにゴーグルの要素を足したような、個性的な一本。
お顔に乗せると、このクセがしっくりとはまります。絶妙にバランス良しです。


いかかでしたか?「QBRICK」のコレクションがここまで揃う機会はめずらしいですよ。ご紹介したモデル以外にも、期間中はいろいろお試しいただけますので、是非お見逃なく!

次回は、同時参加の「A.D.S.R.」コレクションをご紹介致します。
是非チェックして下さいね♪


■QBRICK BTY-31 ATY-01 BTY-29 BTY-30 BTY-06 BTY-28


|

2011-02-16

今週末から「EFFECTOR エフェクター」が大集合します!

BOSTONオススメ・メガネブランドのコレクションを集め、普段はご覧頂けないモデルなど、沢山のメガネを期間限定で楽しんでいただくフェアー、「トランクショー」。

今回のトランクショーは、20日(日)からスタート!
EFFECTOR エフェクター」と「QBRICK キューブリック」が登場いたします。

B110208fair_2

■EFFECTOR & QBRICK TRUNKSHOW
2月20日(日)~27日(日) パワースペックスボストン店内にて


そこで本日は、「EFFECTOR エフェクター」のモデルをちょこっとご紹介です。
まずは最新作のこちらから。

B110216effector1

アパレルブランド「A BATHING APE®」のプロデューサー、NIGO®氏とのコラボレーションモデル。50's風の、大きめでちょっとつり目なレンズシェイプのサングラスです。


B110216effector2

こちらもコラボレーションモデル。「DIET BUTCHER SLIM SKIN」のプロデュースです。
ちなみにこちらのモデル、クノール・カップスープのCMで宮川大輔さんがかけていらっしゃいますね~


B110216effector3

ツートンカラー(上がブラック、下がクリア)のセル生地は単色よりも重たすぎず、
さらにフロントは斜にカットされているので、適度にボリューム感も抑えられています。
女性に方にもお使いいただきやすいサイズですよ。


B110216effector4

最後は、エフェクターの中でも小さめレンズサイズのモデル。
丸みのある小ぶりのボストン型は目元でバランスを取るので、かけると結構個性的。
セル生地の厚さもインパクトがあります。


当日は今回ご紹介したフレーム以外に、100本以上のコレクションが大集合します。
どれもインパクトのあるモデルばかり!是非お手にとってお試しくださいね。
皆様のご来店、お待ちしております。


次回は、もう一方の参加ブランド「QBRICK キューブリック」と
合わせて参加する兄弟ブランドの「A.D.S.R.」コレクションをご紹介致しますよ~


■EFFECTOR Holly DIRT jack flanger


|

2011-02-15

クラシックスタイルも、ひと味違ったテイストで「prodesign」

本日は、クラシックテイストにちょっとポップ感を加えた、
porodesign denmark プロデザイン・デンマーク 」のメガネをご紹介します。

正面から見るとレトロなボストン型なのですが・・・

B110215prodesign1

よく見ると、蝶番部分には紫色がこっそり見えています。

裏側から見てみるとこんな感じ。

B110215prodesign2

この裏側の明るいカラーが、サイドからちょっとだけ見えるデザインなのです。
角度によっては、目元にもこのカラーが漂います。

表側のシックなカラーと裏側のポップなカラーの二重奏。
お互いが引き立て合って、落ち着きがありつつ楽しい雰囲気がかもし出てますね。


そして、テンプル・エンドには同じ生地のブロックパーツがポッコリ。

B110215prodesign3

掛けた状態ではあまり見えない部分なのですが、
メガネをたたんで置いた時の佇まいは、可愛さ倍増です。笑


ちなみに、こちらのボストン型と、

B110215prodesign4

レンズの上下幅がしっかりある、ウェリントン型もあります。

B110215prodesign5


まだまだ寒さは続行中ですが、気分は徐々に春気分♪
身に着けるメガネにも、ちょっと色モノを取り入れてみてはいかかでしょうか?

レトロなデザインは、ブラックやブラウンが定番ですが、
単色のセルフレームは、お顔に乗せるとちょっと重くなりがち。

ワンポイントで一色別のカラーが入っていると、軽快な感じも出て、
レトロスタイルもひと味違ったテイストで楽しめますよ♪


■prodesign denmark 4649-1 4650-1


|

2011-02-12

「J.F.REY」の白は、スノーホワイト

昨日の雪、関東でもかなり降りましたね!

高円寺では大して積もりませんでしたが、当店お手製・木の縁台は、雪にまみれてかなり白くなりました。

その雪と同じカラー、オススメのホワイトカラー・フレームを本日はご紹介します。

B110212jfrey1

メガネのカラーとしては、一番最後に出てきた「白」。フレームの色としてなかなか色出しがしづらかった白も、最近は微妙なニュアンスの色味が出されています。

こちらの「 J.F.REY ジェイ・エフ・レイ 」モデルは、曇天の下で見た雪のような、ちょっとくぐもったホワイトカラー。

B110212jfrey2

濃いブラウンの上に白を乗せているので、少しトーンの落ちた色味のホワイトカラーとなっています。(土の上に積もった雪のようですね~)真っ白よりもずっと穏やかで、肌馴染みも良いですよ♪


そして、全体に施された、このスリットのデザイン。

B110212jfrey3

裏側のブラウンがこのスリットから見え隠れして、カラーラインのように見えます。
単色で白よりも全体がグッと落ち着いた印象に。

さらに切り込みで、目じり側からテンプルにかけて上中下・3枚のパーツに別れる事で、
こめかみ部分へのテンションがうまく逃がされ、とっても軽い掛け心地です。

白メガネ初挑戦の方にも、断然オススメのモデルですよ。


■J.F.Rey JF2355


|

2011-02-08

「EFFECTOR & QBRICK トランクショー」開催します

ただ今、若者を中心に絶大な支持を得ているメガネブランド、
EFFECTOR エフェクター 」と「 QBRICK キューブリック 」。

この度ボストンでは、両ブランドのコレクションを一堂に集めて皆様にご覧頂く、
トランクショーを開催いたします。


B110208fair

■EFFECTOR & QBRICK TRUNKSHOW
2月20日(日)~27日(日) パワースペックスボストン店内にて


QBRICK キューブリック 」は当店フェアー初登場♪
さらに!兄弟ブランドの「 A.D.S.R. 」のメガネ達も一緒にやってきます。

また、「 EFFECTOR エフェクター 」は既存のラインナップに加え、
注目のクリエイターとのコラボレーションモデルもご覧頂く予定です。

期間中はたくさんのメガネを店内に並べ、
とっかえひっかえ様々なモデルを掛け比べて楽しんでいただけますよ~
ご期待下さいませ。

皆様のご来店、お待ちしております。


|

2011-02-06

「Francis Klein フランシス・クライン」始めました

Francis Klein フランシス・クライン 」始めました!

Francis Klein フランシス・クライン」は、ボストンで初めてのご紹介となる、フランスのメガネブランドです。

B110206fk1

1970年からパリでスタートしたフランシス・クラインは、オリジナルのセル生地を使い、スワロフスキーのクリスタルを散りばめた、まるでジュエリーのような、アート性の強い美しいフレームデザインが特徴。


本日ご紹介するのは、「 Francis Klein フランシス・クライン 」らしい、
個性的で華やかなこちらのフレームです。

B110206fk2

全ての工程をハンドメイドで作られる、フランシス・クラインのメガネ達。
セル生地の色ごとに、フレームのデコレーションも異なります。

B110206fk3

ストーンは、石入れ専門に使われる特別な技術を持った職人さんが、
全て手作業で、接着剤を使わず、ひとつひとつフレームに埋め込んでいます。
こちらのモデルは、角度によって濃淡の出るシックなセル生地に、
大小様々なクリスタルと金属のストーンが加わり、すごく華やか♪


また、クリスタル・ストーンの周りに施されたカラーラインも、
一本一本手作業でラインを彫り込んで、上からカラーを乗せています。
鈍く光るゴールドカラーのラインで深みが出ますね。

B110206fk4

可愛く華やかで、そして、ちょっとセクシー。
フランシス・クラインは、身に着ける人を高揚させ、より魅力的に見せてくれる、
魔法のアイテムのようなメガネですよ~


■Francis Klein MOLY


|

2011-02-01

見た目もかけ心地も、軽快です「RIDOL」

メガネはお顔に乗るものなので、ちょっとした重さが気になってしまう場合があります。

軽いメガネが良いけれど、フチなしメガネじゃ物足りないし、それに丈夫さも重要だし、かけ心地もやっぱり良くないと・・・となると、フレームの素材やレンズ面の大きさ、さらには柔軟性(フィット感)のトータルバランスが重要になってきます。


本日は、そんなバランスの良いフレームをご紹介。

フレームの存在感もありつつ、とっても軽くて、軽快な印象の
RODOL リドル 」のメガネです。

B110201ridol1

こちらのモデル、フロントは1ミリ厚のβチタンシートを細く削り出しているので、
お顔を包み込むような弾力性があり掛けやすく、しかもとっても軽い仕上がり。

ただ細くて柔軟性があるだけでは、グニャグニャとお顔の上で不安定になるので、
暴れやすいブリッジ部分は二重構造にして、安定性と強度も持たせています。

B110201ridol2

そして、こちらのカラーはチタンの無垢仕上げ。

B110201ridol3

錆や腐食に強いチタン素材も、表面のカラーメッキ部分が汗などで傷んで剥げてしまう事がありますが、こちらは地金の磨きだしですので、メッキ剥げの心配がありません。汗っかきの方には、強い見方!

硬いチタンをここまで滑らかに磨き上げるのは、かなり手間のかかる作業なんですよ~


フロントは細身でスポーティーなフレームデザインには軽快さがあり、
横顔はチタンシートのボリューム感。
かけ心地とデザインのバランスがとても良い一本です。
是非お試しくださいね♪


ちなみに、最初の画像でご紹介したブラックカラーのモデルは、
ダイハツの新型車「MOVE ムーヴ」のCM(TNP低燃費27のCMです)で、
所長さんがかけていらっしゃるメガネですよ!


■RIDOL R-95


|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »