« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012-03-31

短波長光カットすると、こんな感じになります

ただ今、ボストンでは「短波長光カットレンズ ご体感キャンペーン」を開催中!

B120318cpbluecut3

先日キャンペーンの告知に合わせ、「短波長光ってなんだ?」と言う事をご紹介しましたが、本日はもう少し詳しいご案内です。


眼に見える光には様々な波長が存在ましすが、その中でも440nm(ナノメートル)付近の「ブルー領域」と言われる「短波長光ブルーライト)」は、他の波長に比べ強いエネルギーを持つため、眼の健康に影響を及ぼしやすいと言われています。

加えて、他の波長に比べ、焦点距離が短い性質を持ちます。イラストにするとこんな感じです。

B120331cpbluecut1

左手から入ってきた可視光線は、レンズを通り眼の中に入ります。青色光は網膜より手前で、赤色光はより奥で結像するため、波長によって焦点距離に微妙な差が生じ、これがコントラストの低下の原因となります。

これを、「短波長光ブルーライト)」を抑えるレンズにすると・・・

B120331cpbluecut2

可視光線の中の青色光が中央のレンズでカットされ、網膜の手前で結像していた青色光が軽減するため、各波長の焦点距離の差が少なくなり、視界の色調が締まりシャープな見え方になります。屋外はもちろん、携帯やパソコンの液晶画面もすっきりとご覧いただけますよ。

また、キャンペーンでご案内中の「HOYA製ヴィーナスガードコート・ラピス」レンズはほぼ透明(やや黄色みがかってます)でお仕事でもお使い頂きやすい仕様となっていますが、よりしっかりと短波長光(ブルーライト)をカットしたい!と言う方には、「キャリアカラー」をプラスして頂くと、レンズにカラーが入った感じにはなりますが、より眼に優しく効果的です。


店頭では、「ヴィーナスガードコート・ラピス」や「キャリアカラー」の短波長光カットのお試しレンズもございます。実際に見え方もご確認頂けますので、ご来店の際には是非お試しくださいね♪


|

2012-03-26

ヴィンテージ感のあるブローモデル「GROOVER」

本日は、じんわり味わい深い「GROOVER グルーヴァー」からコレクションのご紹介。

B120326groover1_2

上がり気味のフォックスぽさもあるこのブローモデルは、どことなくヴィンテージな趣きを感じます。

B120326groover2

GROOVER」の特徴、羽の鋲飾りはフロント両サイドに。こちらのモデルは控えめな大きさです。

そして、フレームの金属リムやブリッジ部分は、あえてサンプラチナという金属を使用しています。今多く用いられているチタンよりも以前に良く用いられていた素材ですが、耐食性に優れアレルギーも起こしづらく、また磨くと白金(プラチナ)のような柔らかな白い光沢が出る金属です。ヴィンテージな雰囲気は、このサンプラチナの存在も一役かっています。

B120326groover3

さらに、テンプル芯金には、クラシックなテイストの飾り彫りが。透け感のあるセル生地のモデルでないと判らないのですが・・・他のフレームカラーは、見えないオシャレと言うことで。笑

B120326groover4

顔幅に合うタイトなサイズ感で、小粋な雰囲気が出ますよ。
お帽子と合わせても素敵です。


■GROOVER WHYMPER


|

2012-03-20

8の字のひねり技「J.F.REY ジェイ・エフ・レイ」

クールなメガネが入荷しておりますよ~
本日は「J.F.REY ジェイ・エフ・レイ」のこちらをご紹介。

B120320jfrey1

シートメタルの立体的なフロントと、オリジナル・セル生地の色合いが目を引くテンプルのコンビネーション・フレームです。

B120320jfrey2

今回のひねり技は、シートメタルの帯を目尻付近で8の字のように"くるん"とひねったデザイン。滑らかな曲線の部分とエッジを効かせて縁取られた部分と、1枚のシートを巧みに操ってかもし出された表情です。さらに、ネジを使わない独自の蝶番を用ることで、ひねりと重なりの造形がシンプルに、そして最大限に活かされています。

B120320jfrey3

ブリッジ側から両サイドへ施されたパールホワイトのラインは、クロスしたサイドのデザインの上を流れるよう進み、テンプルでは彫られたラインとなって、テンプルエンドまで続きます。陰影が生まれてのアクセントに。

B120320jfrey4

メタルのシャープさと、セルの穏やかさの両方が「 J.F.REY 」らしくミックスされたモデルです。


■J.F.REY JF2399


|

2012-03-18

「短波長光カットレンズ」ご体感キャンペーン開催中

この度BOSTONでは、短波長光ブルーライト)をカットしホコリ花粉にも強い、HOYA製「ヴィーナスガードコート・ラピス ご体感キャンペーン」を開催中です。

B120318cpbluecut3

タンパチョウコウ?と聞きなれないフレーズですが・・・

眼に見える光には様々な波長が存在ましすが(虹は波長の違いによって七色に見えますね~)、その中でも「ブルー領域」と言われる短い波長の光は「短波長光ブルーライト)」と呼ばれ、眼の健康に影響を与えると言われています。

さらに、空気中や眼の中で散乱しやすい性質を持つため眩しさの原因となったり、焦点距離が短く網膜の手前で結像するため、コントラストの低下・チラツキの原因になると言われています。

この短波長光(ブルーライト)は屋外の日差しだけでなく、携帯電話やテレビの液晶画面からも発せられ屋外屋内に関わらず眼に届いていまので、短波長光カットで眼をケアしてくれるレンズは、パソコン作業など液晶画面をご覧になる機会の多い方や、ご年配の方で「もうちょっとすっきり見えたら・・・」という方にもオススメです。


これからは「紫外線カット」だけでなく、「短波長光カット」も要チェック!
そして、こちらのレンズはホコリも付きにくい仕様となっていますので「花粉症対策」としてもオススメですよ~


キャンペーン詳細は、powerspex BOSTONサイトをご覧下さい。
店頭にはサンプルレンズもございますので、気になる方は是非お試しくださいね。


|

2012-03-11

想いを重ねて

誰にとっても忘れられない日となった3月11日。
そして多くの方が、震災で被災された方々に想いを重ねつつ過ごした一年でした。
本日この日を再び迎え、複雑な思いが入り交じります・・・


でも引き続き、出来る事からやっていこう、と言うのが大切ですね。

視力の矯正が必要で、メガネが無いと生活がご不便になる方に改めてお願いしたいのは、いざという時のメガネを、是非ご自宅の防災袋にひとつ忍ばせて下さい、と言う事。見えづらい事で、置かれた状況がきちんと把握出来ないと言うのは、やはり危険です。

昔のメガネで今は使っていないや~と言うのでも良いですし、出来ればちゃんと見えるメガネが理想ですが、ちょっと度が合わなくなった前のメガネでも結構です。是非備えの一本を。

わたくしも、メガネと使い捨てコンタクトレンズを、防災グッズにしっかり忍ばせております。そして、寝る時には枕元にメガネです。

久々にメガネを引っ張り出したら掛け具合がイマイチ・・・だった、ちゃんと見えてるか心配と言う方は、いつでもメンテナンスや視力の確認は致します。ご遠慮なくお申し付け下さい。


あらためて、被災された皆様にお見舞い申し上げます。


|

2012-03-04

職人さんの丁寧な仕上げ「金治郎」フレームをご紹介

本日は、メガネ一筋55年!増永金治郎さんが手掛けるハンドメイドの眼鏡「金治郎」の新モデルをご紹介です。

B120304kinjirou1

この深い黒、そして艶感。丹念に磨きあげられたセルロイドフレームは、さすが存在感が違います。正面から見ると、レンズ周りのフレームリムが薄くてシンプルに見えますが・・・

B120304kinjirou2

斜に見るとこの肉厚!通常のセル生地は4~5ミリなものが多いのですが、こちらは7ミリほどの厚い生地をフロントに用い、リム周りは薄く削り出して奥行を持たせたデザイン。時々すっと漂うこの奥行と、真正面からのすっきりとした印象とのギャップがいいですね。

そして、今回一層目を引くのは、エッジを立てまくったフレームライン。この生地厚がよりエッジを際立たせています。フロントからテンプルへ少しの狂いも無く滑らかに繋がる角のラインは「金治郎」の真骨頂と言えますね~

更に蝶番部分には飾りが施され、合口にはシルバーのラインが。これも横顔を彩るちょっとしたアクセント。

B120304kinjirou3

このライン、そのまま蝶番の内側まで続き、施されたシルバー製のプレートにはこの紋様のようなデザインも。(これは金治郎さんの家紋でしょうかね。)掛けている時には見えないけれど、重みのあるひと技です。

B120304kinjirou4

手間を掛けてしっかり仕上げられたものには、やはり独特の存在感がありますね。
是非お手に取ってご覧頂きたい眼鏡です。


■金治郎 MK-006


|

2012-03-01

あいにくの天気にもオススメです「TALEX」偏光レンズ

4年に一度、閏日に降った雪は思った以上に積もりましたね。
ボストンのお店の前も、こんな感じになりました。春目前の水分たっぷりの雪で、道はびちゃびちゃです。

B120229talex1

こんな日には「偏光レンズ」がモノを言う!ちょいと見比べ実験をしてみました。

偏光レンズ」とは、特殊なフィルターを挟んだレンズによって、眩しさ(光の強さ)だけでなくギラツキ(乱反射)も軽減してくれる、とても眼に優しいカラーレンズです。

サングラス(カラーレンズのメガネ)と言えば、晴れている時のものと思いがちですが、雨の日には路面のギラツキを、雪の日には降り積もった雪の反射による眩しさも抑えてくれます。「偏光レンズ」はあいにくの天気でも機能的でオススメです。


例えば、お店の前のこんな光景。

B120229talex2_2

積もった雪と縁石の間には解けた雪が水溜りに。水面も白く反射してます。また、タイルの表面も濡れてうっすら光っていますね。

これを偏光レンズの「TALEX タレックス トゥルービュー・カラー」で覗いてみると・・・

B120229talex3_2

水溜りの反射が消えて、アスファルトの路面が黒々と見えました。またタイルの反射も抑えられ、格子のラインがはっきりして、濡れいてる所と乾いている所の境目も見えるようになりましたね~


また、こんな路面・・・

B120229talex6

濡れたアスファルトのギラツキと雪の反射とで、全体に白く光って眼を細めたくなる感じです。ボストンの縁台も濡れて光ってますが、

B120229talex7

白光りしていた路面がしっとりと落ち着いて見えるように。車の轍で出来た雪のラインもくっきり見えますね。同じように濡れた道路の白線も見やすくなりますよ。反射して見えなかった縁台の木目も見えるようになりました。


最後に、こちらは天候に関わらず起こりますが、ドライブ中によく出くわす対向車のフロントガラスの反射。

B120229talex4

こちらも「TALEX タレックス」を通して見てみると・・・

B120229talex5

運転席まで見えるようになりました。運転中の煩わしさも減りますね!


いかかでしたか?晴れの日だけでなく、光の量が少ない雨や曇りの日にも、効果的にカラーレンズを使うとぐっと見やすさが増しますよ。まぶしさを感じやすい方はもちろん、お困りでない方も一度お試し頂きたいレンズです。

今回は「TALEX偏光レンズの中でも、一番ナチュラルな視界が得られるトゥルービュー(グレー系)カラーでご覧頂きましたが、他にもブラウン系・グリーン系など色の種類もございます。サンプルカラーレンズでお試し頂けますので、見え方の違いを是非お確かめ下さいね。


|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »