« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012-06-28

素材と色、それぞれのコントラスト「prodesign denmark」

時折爽やかな風が吹く、気持ちのよい梅雨の合間が続いていましたね~さすがに日差しの強さが増してきて、サングラスカラーレンズのご要望も多くなってきました。

さて本日は、素材と色、それぞれのコントラストが美しい「prodesign denmark プロデザイン・デンマーク」の新作フレームのご紹介です。

B120628prodesign1

IRISシリーズから登場した、初めてコンビネーション・フレーム。以前にご紹介したこのモデルと同様のテンプルデザインに、「prodesign denmark」らしい、セル生地の美しさが引き立つデザインです。

B120628prodesign2

ふんわりと曲げられたシートメタルのテンプル。角度によってカットされた部分から裏側の色が漂い、また陰影もうまれて奥行のあるデザインです。

B120628prodesign3

こちらのモデル、表側は薄く張られたブラックカラーで重めの印象ですが、裏側の目も覚めるようなターコイズブルーが目元を爽やかに彩ります。表側は"強く"、裏側は"軽く"・・・フロントの色使いもコントラスが決め手です。

B120628prodesign4

一方こちらのモデルは、落ち着いたトーンの色合わせで穏やかなコントラスト。レンズシェイプはやや大きめで、掛けると存在感があります。


テンプルデザインに加え、素材の違いや色のコントラストで出された立体感。是非お手に取ってお試し下さいませ。


■prodesign denmark 5616-1、5618-1


|

2012-06-19

茶目っ気たっぷり、独特の個性が楽しい「pLAtOy プラトーイ」

こちらもまた、最近ボストンに仲間入りしたメガネブランドでございます!
本日は「pLAtOy プラトーイ」のご紹介です。

B120619platoy1

Play, Plastic Toy」のフレーズから生まれたブランド名「pLAtOy プラトーイ」は、小さい頃初めておもちゃを買ってもらったあの日の気分を、あらためて思い出させてくれるようなフレームコレクション。海外にも精通され活動されてきたデザイナー石渡さんの感性は、とっても独創的です。

B120619platoy2

まるで、ぴょん!と弾んで踊っているようなフレームラインは、力強くってとても楽しげな印象。ちょっと見かけない独特な世界観があります。ストライクゾーンはかなり狭いですが(笑)、はまる人にはかなりハマリ、相乗効果は無限大!

B120619platoy4

左手のモデルは、掛けると漫画チックな印象になりますが・・・このアクの強さは癖になりますよ~笑 サングラスにしても、また違った素敵な雰囲気がかもし出せます。

B120619platoy3

デザインは遊び心満載ですが、こちらのフレーム達は眼鏡職人・岡村さんが丁寧に手仕事で仕上げた、日本製ハンドメイドの作品です。素材のセルロイドは薄く削り出され、軽さとフィット感も抜群。掛けた瞬間にお顔に馴染むこの感じは、是非実際にお試し頂きたいですね~


大胆で、尚且つ茶目っ気もあって、不思議な魅力があります。
臆せず、是非トライして見てくださいね♪


■pLAtOy GLAMOUR、jUiCe


|

2012-06-11

ギザギザエッジが目を引きます「benner ベナー」

本日は、最近ボストンに仲間入りしたドイツのメガネブランド「benner ベナー」から、またもや楽しげなフレームをご紹介です。

B120611benner1

こちらのモデル、フロント周りがぐるりとギザギザカット。ギザギザと山型に削られた部分は、地層のようにセル生地の重なりが見え隠れ。色合いが楽しめますね。

B120611benner2

裏側のブルー層の部分は、あえて段削りで落としてます。こうする事で正面からのギザギザっぷりが際立ちます。

B120611benner4

セル生地の魅せ方にこだわる「benner ベナー」ブランド。「削られると色がこう出る」と考え抜かれた用い方です。

B120611benner3

強そうなのにお茶目な印象で、掛けるとなかなか目を引くこのモデル。普段使いのメガネとしては、やや遊びの印象が強いですが、濃い目のカラーレンズでサングラスにしてみると、このインパクトがいい意味で発揮されますよ!


■benner VOLTAGE


|

2012-06-07

マルチカラーのビーズ・グラスコード

ただ今BOSTONでは、「グラスコード(メガネチェーン)」が充実中♪
本日はその中から、色とりどりのビーズコードをご紹介です。

B120606glasscord1

小粒のポップなカラーのビーズコードに、ターコイズカラーが涼しげな大き目のピースマークのビーズ。付けるとイアリングのようにピースマークが揺れて可愛いですよ♪

B120606glasscord2

細身の金属フレームに付ければ、グラスコードがバッチリとアクセントになって、メガネがかなりイメージチェンジしますね~

お手元用のメガネにももちろんですが、遠くをご覧になる際のメガネにも付けて頂いて、お顔周りのファッションアイテムとしても是非お楽しみください♪


|

2012-06-05

ドイツのメガネブランド「benner ベナー」が仲間入り

本日は、当店BOSTONに新しく仲間入りしたメガネブランド「benner ベナー」のコレクションをご紹介します。

benner ベナー」は、「grotesque frame グロテスク・フレーム」として2002年よりスタートしたドイツのブランドで、昨年オーナーでデザイナーのDaniel Bennerさんのお名前を冠したブランド名に変わりました。

「Boredom's natural enemy 退屈は天敵!」との思いで、奇抜で驚いちゃう楽しいデザインのメガネを生み出しつつ、近年はシンプルを基調にフレームのカラーリングで独自性を出すラインナップも加わり、個性の出し方をいろいろなテイストでお楽しみいただけるメガネブランドです。


最初のご紹介となるモデルは、こちら!「grotesque frame グロテスク・フレーム」の流れを踏襲しつつデザインされた「benner by grotesque frame 」シリーズのモデルです。

B120605benner1

ぐるぐるぐるぐるぅ・・・っと渦巻く模様が特徴の、その名も「SPIRAL」。

B120605benner2

フロントのセル生地に細い溝が掘られ、黒地にカラーラインの渦巻きが描かれているデザインは、正面から見るほど、このラインがはっきり出ます。

B120605benner3

斜めから見るとよくわかりますが、フロントは4色(黒生地・カラー生地・透け感のあるカラー生地・黒生地)の合わせ生地。カラーライン部分は、ごく薄いカラー生地に届く絶妙な深さで彫られていて、ちょっとでも深さを間違うと綺麗な渦巻きが出ないと言う、精巧なモノ造りが得意なドイツならではのデザインです。

B120605benner4

セル生地厚の多くを占めるクリアカラーが角度によって発色して見え、アクセントになりますねー透け感の用い方は、フレームカラーにこだわる「benner ベナー」ブランドの特徴のひとつ。


大き目デザインが多いこの頃ですが、小ぶりでシャレたの探してた!と言う方に、是非お試し頂きたいメガネです。


■benner SPIRAL


|

2012-06-03

「金治郎」新作フレーム入荷してます

本日は、職人さんの手仕事眼鏡「金治郎」の新作モデルをご紹介です。

B120603kinjorou1

今までのモデルは、セルロイド素材の艶感と「金治郎」ならではのエッジが際立つブラックカラーのフレームがメインでしたが、今回は初めてべっ甲カラーが登場しました。しっかりとした黄色のまだら模様がインパクトあります。

B120603kinjorou3

セル生地の肉厚は最大8ミリ。この厚みでべっ甲柄の模様がより際立ちますね。切り取る生地の部分で模様が異なるのも個性。同じ模様のフレームは一本もありません。大人しいとは真逆の色使いですので、このメガネでご自身をたっぷりアピールして頂きたいですね!

B120603kinjorou2

そして、やっぱり丁寧に磨かれたセルロイドは深い艶があって綺麗ですね・・・セルロイドの「黒」は、本当に黒々としています。レンズのシェイプは穏やかですが、フレームのエッジもキリリとしているので、目元はすっきりしまりますよ。


■金治郎 MK-010(べっ甲カラー)、MK-011(ブラック)


|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »