« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018-07-31

「RIDOL リドル」見た目も涼やか、メタルブロー

猛暑が続いておりますね…毎日汗だくです。

汗をかいたままメガネを放置すると、

場合によっては一晩で汗の塩分がネジ部分に浸み込み、

蝶番が固まって開閉できない、なんてこともあります。


一日の終わりには、丸ごとさっと水洗いがオススメです。

(お湯は避けて下さいね。

そして水気はメガネ拭きでしっかり取ってください。)

ひと手間でメガネも長持ち♪是非お試し下さい。


さて本日は、見た目にも涼やかなこちら、

RIDOL リドル」のメタルフレームをご紹介です。

B180728ridol1

眉部分にボリュームのある、オールメタルのブローフレーム。

目元の力強さをしっかりと出しつつ、シャープな印象のモデルです。

B180728ridol2

ブロー部分はやや肉厚なチタン材を使用。適度なボリュームがあります。

マット仕上げのブロー部分と、ツヤあり仕上げのリム部分。

さりげなく表面の質感を変えてメリハリ効果あり。


また、こちらのカラーは塗装なしのチタン無垢仕上げ。

このメタリック感、格好いいですね!

B180728ridol3

一方、しっとりと落ち着いた印象のネイビーカラー。

お顔に沈み過ぎず、青さをちゃんと感じるこの色合いは、

清潔感もあり、ビジネス使いのメガネにもオススメです。

B180728ridol4

サイズも抑えめで主張しすぎず、飽きのこないシンプルデザイン。

だからこそ、造りの良さも際立ちます。

新しいメガネの候補に、是非!


■RIDOL R-171


|

2018-07-24

エッジが効いてます「QBRICK キューブリック」

本日は、力強いフレームラインが目を引く

QBRICK キューブリック」のニューモデルをご紹介です。

B180724qbrick2

ビシッと立ったフロントのエッジで、シャープな顔立ち。

キレがありますね~カッコイイ!

B180724qbrick3

キューブリック」と言うと、肉厚セル生地の力強さが印象的ですが、

今季のモデルは少しボリューム抑えめ。

そして、サイズも控えめなので、

かけた時のお顔へのおさまりが、ジャストにはまる印象です。

メガネは、サイズ感でお顔の印象もかなり変わるので重要です。

B180724qbrick1

そして、こちらのフレームカラーは、

フロントが上下で分かれたツートンカラー。

ブラックカラーの重さとインパクトは残しつつ、

下側のクリア生地の軽快さが加わり、全体的にすっきりと見えますよ。


是非お試し下さいね♪


■QBRICK 3TY24ES3


|

2018-07-22

「RUDY PROJECT ルディープロジェクト」日本限定カラー

猛暑が続いていますね…身の危険を感じる暑さです。

皆様も水分補給をしっかりとして、ご自愛くださいね。


さて、本日は「RUDY PROJECT ルディープロジェクト」より

夏空に映える、日本限定カラーモデルをご紹介です。


サングラスを度付きにすると、

夕方や曇天の時に視界が暗くなってしまうし、外すと見えない。

そんな方にご好評な、跳ね上げ構造のモデル「インパルス」。

B180719rudyproject1

こちらは、ホワイトカラーにメタリックな格子柄があしらわれた、

日本限定カラー「ホワイト カーボニウム」。爽やかな印象です。

目立つホワイトカラーも、マットな質感落ち着きが出ますね。


こちらのモデルは、フロントの外側に度なしのサングラスがついていて、

サングラス部分を上げると、通常のメガネ状態に。

B180719rudyproject2

こんな風に、カチカチ・・・と、サングラス部分を上げる角度もお好みで。

B180719rudyproject3

パカっと、上まで上がります。

B180719rudyproject4

クロップ部分はそっくり外せます。取ればスポーティーなメガネ仕様に。


度付きレンズ部分は、通常カーブのレンズが問題なく入りますので、

強度数の方や遠近両用レンズのご利用も可能です。


用途が選べて、使い勝手が良いのも魅力。

スポーツ、アウトドアのお供にいかかでしょうか。

是非お試しください。


■RUDY PROJECT IMPULSE FLIP-UP


|

2018-07-12

夏の日差しから目を守る まぶしさと紫外線のお話

今年は早々に夏本番なみの暑さ…

連日の夏空に、まぶしさを感じる方も増えていらっしゃるようで、

サングラスのお問合せを多く頂いております。


サングラスについて、よく聞かれるご質問は、

「紫外線を防ぐには、レンズの色が濃くないとダメ?」と言う疑問です。

B180704sunglass1

人が、まぶしいな~と感じるのは、可視光線の強さ。

瞳から入る光の量が多いほど、人はまぶしいと感じます。

一方、紫外線は可視光線ではないため、見て感じることはできません。


なので、まぶしさを軽減するには、

目の中に入る光の量を、カラーレンズで少なくするのが基本。

濃いカラーの方が、まぶしさを防ぐことができます。


まぶしさは気にならないけど、紫外線は防止したいという場合には、

透明のレンズでしっかりケアできますよ。

ちなみに、通常のUVカットは正面側から入る紫外線に対するものですが、

レンズの裏面から反射して目に入る紫外線も防ぐUVカットコートもございます。


最近では、瞳から入る紫外線の刺激によって、

脳が身体を守ろうと、メラニン色素を発生させるため、

お肌のシミ・ソバカスも増えてしまうという研究結果もあり、

目の紫外線対策は、目の健康だけでなく、

美肌のためにも有効です♪

B180704sunglass2

基本的なサングラスレンズは、クリアレンズを染めてカラーをつけたものですが、

効果的にまぶしさやギラツキを取る、機能的なカラーのレンズもあります。


例えば、「偏光(へんこう)レンズ」。

釣りをされる方はよく使用されますが、

水面のぎらつきを取り、水中のお魚がよく見えるような、

一定方向のギラツキを取り、視界をクリアに目に優しい光に変えるレンズです。


調光(ちょうこう)レンズ」は、紫外線がレンズに当たると

自然にレンズの色が濃くなり、サングラスに変身!

室内に入ると普通のクリアレンズの眼鏡に戻る、1本で2本ぶん活躍するレンズです。


そして、「ネオコントラスト」は、

光の中でも、人がまぶしいと感じる黄色い波長の部分を抑え、

「まぶしさ」を効果的に軽減するレンズです。

通常のサングラスのように視界が暗くならないので、

夜間のお車の運転も可能、室内でかけて頂いても見やすいカラーです。


何をする時にお使いになるか、

こんな雰囲気のサングラスにしたいなど、

お好みをお伝えいただければ、おすすめのカラーをご案内いたしますよ。

是非ご相談ください。


|

2018-07-01

丸と四角を粋に楽しむ「J.F.REY ジェイ・エフ・レイ」

本日は、「J.F.REY ジェイ・エフ・レイ」の1985シリーズより、

素敵な大人の方に、粋にかけこなして欲しい…こちらのメガネをご紹介です。

B180701jfrey1

この1985シリーズは、

デザイナーのジャン・フランソワ・レイ氏が若かりし頃描いたデザインを

ブラッシュアップして近年リリースされたシリーズです。

若い時だからこその大胆さと、

その時からも見て取れる感性のすばらしさを併せ持つメガネ達。

B180701jfrey4

そのシリーズの中でも、丸と四角でレンズデザインを左右非対称にした、

遊び心が満載のこちらのフレーム。


ちょっと遊び過ぎかな…と思われると思いますが、

丸と四角の大きさのバランスが絶妙で、

しかも色合いもしっとりと落ち着いた印象で、

かけると何とも言えぬ安定感。笑

B180701jfrey3

レイさんが好きなブルーを用いたフレームカラーも、涼し気で、品がありますが、

オリジナル生地の複雑な色合いを楽しめる、

こちらのカラーも捨てがたい!

B180701jfrey2

あえて身に着けるメガネだからこそ、

上質なうえで楽しむ、遊び心がたっぷりつまっています。


是非お試し下さいませ。


■J.F.REY 1985 ANDY


|

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »