« 「BEAUSOLEIL ボーソレイユ」セルとメタルのコラボ♪ | トップページ | 【お知らせ】WEBサイト一時閉鎖しております »

2018-11-13

新ブランド「三木文二」の跳ね上げ眼鏡

只今開催中の「鯖江の手仕事めがね」フェア。

B181101sabaemegane1

オートマチックに機械で量産されたメガネとは一線を画す、

多くの工程が、職人さんの手作業によってつくられた、

「メイドイン 鯖江」のめがねをご覧頂いております。


その「手仕事めがね」フェアに、

新しく誕生したばかりのブランドのめがねが加わりました。

三木文二」コレクションです。

B181113mikibunji1

三木文二」は、眼鏡職人・三木文二さんが手がけるブランド。

単式の跳ね上げメガネをおつくりになっている、数少ない職人さんです。

B181113mikibunji2

レンズが入るフロント部分が上に跳ねあがる構造のメガネのうち、

跳ね上がる部分が二重になっているものを複式、

(外側の跳ね上げるパーツ部分に、サングラスレンズが入っていて、

内側のフレーム部分には、度付きレンズを入れるタイプ)、

外側のパーツが一枚で、そのままレンズ部分が上がるタイプを単式と呼びます。


レンズは、遠く用のお度数を入れたり、

お手元用の度数にしたり、カラーレンズを入れてサングラスにしたり。

使用するレンズで、いろいろと用途は広がります。

B181113mikibunji3

B181113mikibunji4

B181113mikibunji5

こんな感じで上まで跳ね上げります。


細かい作業なので手元専用メガネが楽だけど、顔をあげた時にさっと遠くも見たい、

手元は裸眼の方が見えるという方には、レンズ部分の上げ下げのみ、

メガネのかけ外しは不要なので、ご好評頂いてます。


こちらのメガネは、

テンプル(耳にかかるパーツ部分)が弾力のある仕様になっていて、

かけ心地がとても良いのも特徴です。

レンズリム部分の七宝カラーがさりげないアクセントになっていたり、

部分的に飾り彫りも施され、しっとり落ち着いた印象です。


丁寧に作られためがねは、

何と言いますか、佇まいに品があって美しいな~と感じますね。

是非お手に取ってご覧くださいませ。


■三木文二 MB-301、MB-302


|

« 「BEAUSOLEIL ボーソレイユ」セルとメタルのコラボ♪ | トップページ | 【お知らせ】WEBサイト一時閉鎖しております »