2018-11-13

新ブランド「三木文二」の跳ね上げ眼鏡

只今開催中の「鯖江の手仕事めがね」フェア。

B181101sabaemegane1

オートマチックに機械で量産されたメガネとは一線を画す、

多くの工程が、職人さんの手作業によってつくられた、

「メイドイン 鯖江」のめがねをご覧頂いております。


その「手仕事めがね」フェアに、

新しく誕生したばかりのブランドのめがねが加わりました。

三木文二」コレクションです。

B181113mikibunji1

三木文二」は、眼鏡職人・三木文二さんが手がけるブランド。

単式の跳ね上げメガネをおつくりになっている、数少ない職人さんです。

B181113mikibunji2

レンズが入るフロント部分が上に跳ねあがる構造のメガネのうち、

跳ね上がる部分が二重になっているものを複式、

(外側の跳ね上げるパーツ部分に、サングラスレンズが入っていて、

内側のフレーム部分には、度付きレンズを入れるタイプ)、

外側のパーツが一枚で、そのままレンズ部分が上がるタイプを単式と呼びます。


レンズは、遠く用のお度数を入れたり、

お手元用の度数にしたり、カラーレンズを入れてサングラスにしたり。

使用するレンズで、いろいろと用途は広がります。

B181113mikibunji3

B181113mikibunji4

B181113mikibunji5

こんな感じで上まで跳ね上げります。


細かい作業なので手元専用メガネが楽だけど、顔をあげた時にさっと遠くも見たい、

手元は裸眼の方が見えるという方には、レンズ部分の上げ下げのみ、

メガネのかけ外しは不要なので、ご好評頂いてます。


こちらのメガネは、

テンプル(耳にかかるパーツ部分)が弾力のある仕様になっていて、

かけ心地がとても良いのも特徴です。

レンズリム部分の七宝カラーがさりげないアクセントになっていたり、

部分的に飾り彫りも施され、しっとり落ち着いた印象です。


丁寧に作られためがねは、

何と言いますか、佇まいに品があって美しいな~と感じますね。

是非お手に取ってご覧くださいませ。


■三木文二 MB-301、MB-302


|

2018-08-08

「STEADY ステディ」軽やか丸メガネ

本日は、表情の変化を楽みつつ、軽快さもプラスした、

STEADY ステディ」のフレームをご紹介です。

B180808steady1

レンズの入るリム部分は細身で、セルフレームならではのボリュームは抑え、

目元にすっきりとおさまる、程よいサイズの丸メガネ。

ブリッジとテンプルはメタル仕様なので、

お茶目になりがちな丸メガネも、

こちらはすっきりとした表情で、知的な印象に。

B180808steady2

ブリッジ部分は、強度を保ちながらも、

薄くライトな仕上がりになる構造で、

セルとメタル、素材は違えども、とてもナチュラルな一体感。

B180808steady3

今回ご紹介したフレームは、どれも少し透け感があるカラーで、

角度によって、そして光の当たり方によってニュアンスが変わります。

肌馴染みが良く、重めに見えないカラー展開。

日々の装いにもすっと馴染む、ステディの良さが詰まったフレームです。

是非お試し下さいませ。


■STEADY STD-57


|

2018-03-27

「金治郎」久々に入荷しました

本日は、久々に入荷しました「金治郎」フレームのご案内です。

肉厚のあるセル生地用い、丁寧に作り込まれたボリューム満点のメガネです。

B180327kinjio1

最近では、セルとメタルのコンビネーションモデルが旬ですが、

こちらのモデルも、お鼻と目じり部分にチタンパーツを用い、

金治郎」らしいボリューム感はそのままに、

スッキリ感も楽しんで頂けるバランスに仕上がっています。

B180327kinjio2

艶々に磨かれたセル生地が美しいですね~

こちらのフレームは、まだら模様のセル生地に光が透り、

角度によって柄が変化する、表情の微妙なニュアンスの変化が楽しいです。

B180327kinjio3

そして、こちらは同じシリーズのブロータイプ。

古風に見られがちなブローデザインも、

これだけパンチがあると、力強く頼もしくカッコイイ!

B180327kinjio4

セルロイドの深みのある漆黒の艶と、イエローゴールドの華やかさ…

このコントラストに、目が釘付け間違いないです。

リム部分も厚みをもたせた仕様で、なかなかない存在感ですよ。


是非店頭で、お手に取ってお試し下さいませ。


■金治郎 MK-027、028


|

2017-09-29

「GROOVER グルーヴァー」人気モデルの新色

本日は、「GROOVER グルーヴァー」人気モデルの

新色フレームをご紹介です。

B170929groover1

まずは、「GROOVER」の代表モデルと言っても言い過ぎではない

こちら「NEW APOLLO ニューアポロ」。

人気モデル「APOLLO」の独特なブリッジカットがバージョンアップし、

更に新色が投入されました。

B170929groover2

今回の新色は複雑に混ざり合った色合いが美しく、

今までの単色やツートンカラーとはまた違った雰囲気が楽しめます。


グルーヴァーの自社工場で、職人さんがしっかり磨き込んだセル生地は、

艶やかでとっても美しいですね~生地の色合いが際立ちます。


そして、こちらは「DOLL ドール」。

B170929groover3

アメリカのビンテージメガネのような、渋い雰囲気のモデルで、

シンプルですが、じわりとカッコよさがにじみます。

B170929groover4

このモデルには、表面がマット仕上げのブラックと、

黄色い差し色が華やかな、まだら柄が登場しました。

お選びになる色で、表情の違いを楽しんで頂けますよ♪


是非お試し下さいませ。


■GROOVER NEW APOLLO、DOLL


|

2016-10-03

細身でスタイリッシュ「GROOVER グルーヴァー」

本日は、「GROOVER グルーヴァー」より、こちらのフレームをご紹介。

B161003groover1

大人が身に着けて楽しむ格好良さ、遊び心をデザインに込め、

セルフレームでは、ボリューム感も楽しめるモデルが多かったのですが、

今回はしっとりと細身でスタイリッシュ、そんな印象です。

B161003groover2

今季より、関東の自社工場にて

熟練職人によるメガネつくりをスタートさせた「GROOVER」。

この艶感は、手の込んだ磨きによるたまものですね。

フロントのなめらかなフレームラインも美しいです。

B161003groover3

さりげなく飾り彫りが施されたテンプルの芯金。

ふと柄が透けて浮き出るのも、こだわりが感じられます。


赤と黒の濃淡と透け感が美しい、こちらのカラーは、

お顔にのせると肌色と重なり、ワントーン渋めに。

クラシックフレームに多い黒や茶でない、色を楽しみたい方にもおすすめですよ。


丁寧な手仕事によりつくられたメガネ。是非お試し下さい。


■GROOVER THRASH


|

2015-11-13

造りの精巧さ「STEADY ステディ」の丸メガネ

本日は、昔ながらの丁寧な造りの丸メガネ

STEADY ステディー」のソフト枠フレームをご紹介です。

B151113steady2

ソフト枠」とは、

レンズリム部分にセルパーツをはめ込んだデザインのフレーム。

セルフレームのボリューム感と、

メタルフレームの掛け心地の軽やかさを楽しんで頂けます。

B151113steady3

金属リムとセルパーツを精巧に合わせた構造。

なかなか手間のかかる造りなので、仕事の丁寧さが光ります。

B151113steady4

昔ながらのクラシックなデザインですが、

このコロンとした丸みが、茶目っ気あって楽しい雰囲気。

ステディ」ならではの、今っぽさ。

B151113steady1

この表情を是非楽しんで頂きたいですね♪

男女問わずオススメです。


■STEADY STD-19


|

2015-08-04

「金治郎」新作丸メガネ

本日は、どっしりと存在感のある雰囲気で人気の「金治郎」より、

新作の丸メガネをご紹介いたします。

B150804kinjiro1

職人の手仕事で丁寧に仕上げられた、セルロイド製の丸メガネ。

まったくの真円ではないですが、クラシックな味を感じる丸みです。

B150804kinjiro2

こちらのモデルは、セルフレームでは珍しい、

お鼻部分が一山(イチヤマ)仕様になってます。

ブリッジ部分のセル生地が肉厚で、中央がえぐられたような形状。

鼻筋に全体的にフレームの重さが乗るので、重みの負担が軽減されます。

B150804kinjiro3

そして、ちょっと面白いのが、こちらの梨地のグレーカラー。

梨地とは、梨の皮のように、ごく細かい粒状に艶を消してある表面仕上げ。

透け感のあるグレーカラーのフレーム表面だけ梨地にした

半透明の色合いがじんわりと個性的です。

B150804kinjiro4

ほど良いボリューム感もあり、

さりげなく存在感がかもし出されます。


丁寧な手仕事だからこそ、にじみ出る安定感。

是非お手に取って感じて頂きたいですね。


■金治郎 MK-019


|

2015-02-23

「金治郎」フレーム、続報です

ご好評頂いている、丁寧な手仕事による「金治郎」フレーム。

前回ご紹介したブロータイプに加え、

こちらのフルリムタイプも入荷しております。

B150223kinjiro1

穏やかで力強いスクエアータイプ。

レンズの上下幅を抑えた、目元すっきりデザインと、

ゆったり幅でクラシックな雰囲気のデザイン。

B150223kinjiro2

どちらも「金治郎」ならではの、この肉厚なセル生地。

しかし、斜に削り込む事で、ややボリュームを抑えています。

テンプル(耳にかかる柄)の内側は、透ける生地使いで、

芯金に施された飾り彫りを見せる、あえて見せないオシャレです。

B150223kinjiro3

なめらかな曲線と、ビシッと立ったフレームのエッジ。

コントラストがなんとも綺麗ですね~


是非お試し下さいませ。


■金治郎 MK-018、MK-017


|

2015-02-09

お待たせしました「金治郎」入荷です

品薄&完売状態が常の「金治郎」フレームですが、

新型のブローモデルが入荷致しました!

B150209kinjiro1

眼鏡職人・増永金治郎さんが手掛ける、丁寧な手仕事のメガネ。

いつもながら、凛々しいたたずまいですね~

B150209kinjiro2

金治郎」の見どころは、この艶々に磨き込まれたセルロイドの輝き。

そして、肉厚なセル生地に施されたエッジのシャープさです。

質実剛健、そんな雰囲気がかもし出しております。

B150209kinjiro3

ブロータイプのデザインは、いい意味でセルフレームの強さが和らぎますが、

ブラウンのデミカラーだと、更に穏やかな表情に。

そして、まだらの入り方で全体の印象が異なります。そこが個性ですね。


気になる方は、お早めにチェックしてみて下さいね。


■金治郎 MK-015


|

2014-07-15

こだわり感をかもし出せます「STEADY ステディ」

本日は、「STEADY ステディ」より、

コンビネーションフレームの新モデルをご紹介です。

B140715steady2

ブリッジと智元部分にメタルパーツを用いた、こちらのモデル。

セルフレームの存在感で目を引きつつ、

メタル部分の軽やかな雰囲気も併せ持つデザインです。

B140715steady4

メタルパーツをセルのリム部分の合わせも綺麗、

しっかりとしたもの造りを感じられます。

B140715steady3

所謂クラシックの王道というよりは、ちょっと変化球で

こだわり感がかもし出るフレームですよ。

B140715steady1_2

是非男性に、格好良くかけて頂きたいですね~


■STEADY STD-16、STD-17


|